日々について、音楽・本・映画・web周辺について記す。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年賀状のお年玉が全て外れていささかご立腹状態であるが、仕事の関係で取引先とか非取引先から送られてきた十数枚に及ばんとする年賀状の当選番号をチェックしていないことに気づき、家に持ち帰って調べることにしたヒヒヒヒヒ。

年賀状のお年玉とは云え、仕事関係で貰ったものだから、当たったらやはり会社に還元せねばなるまいか、とも思ったが、まぁ、そういう面倒臭いことは1等が当たってから考えよう、という前向きの発想という名の適当によりとりあえず持ち帰った。

まぁ、実を云うと面倒臭いことなんか最初から考えるつもりはなく、当たったら全部オレが頂くし、
「すいません、大腸が口からはみだす奇病にかかりましたモゴモゴ」
と明朝に電話して1週間の入院休暇を取得し、ついでに、
「口から大腸が激しくはみだす恐れがあるので電話にもでられません」
と完全に雲隠れを決め、みんながヒーコラヒーコラと働いている間にハワイでオン・ザ・ビーチするつもりであるから、みんな覚悟しておくように。


外れました。


しかし腹立たしいことこの上ない。

どういうつもりだか知らないが、公式お年玉付き年賀状を使わずに、会社オリジナルの葉書を、新年の頃合を見計らって「あけましておめでとうございます」だのという年賀状らしき体裁を繕って送りつけてくる会社が多い。

最初はこれはオレ個人に対する感謝の気持ちを込めた挨拶状であって、年賀状は年賀状でお年玉付きのを送ってくるのだろう、と高をくくっていたが、さにあらず。どうやらこれが年賀状ということらしい。

頭がおかしくなったのか、キミたちは。

しかし1企業とあろうものが、お年玉付きじゃないただの紙切れを年賀状として送るとは思えない。

そこで、送られてきた年賀状の体をした葉書を、表裏、視線で紙が破れるくらい凝視。
そこには抽選番号であると考えられなくもない数字が記載されていたが、頭脳明晰なオレは全て電話番号であることを見破った。

やっぱり頭がおかしくなったか、キミたちは。

1企業たるもの、ちゃんと郵便局が太鼓判を押す年賀状の中の年賀状を使うのが、礼儀ってもんだろう。
それをオリジナルの葉書でお茶を濁すとは何事だろうか。

散々世話になった取引先には適当な葉書に「あけおめー!」とお気楽文言を記して配し、それで対外的には年賀状したことにしておいて、年賀状代として割り当てられた予算を、お年玉付き年賀葉書買いだめに費やして、こっそり社内で「当たったー!」とか盛りあがろうとしてんじゃないだろうな! いや、絶対やってる!

それオレのだ!

それオレの当たり!

今ならツネったりしないから、それ持ってこい!

オレのハワイ持ってこい!


話はうってかわって転属/転職/左遷(←好きなの選んで)初日の風景。

平穏無事というか、腰を抜かすような仰天仕事が身に降りかかってきた! という事態が起きるわけでもなく、まぁ、さてどうしようかなぁ~、という案件を完全委託状態と思しき形で投下され、さてどうしようかなぁ~、である。

周囲には知った顔も多いし、今まで一緒に仕事してきた面々もいるので、携わる業務は違えども、なんとなく心強い。

心強いのはイイが、椅子は心弱い。

というか、かなり貧弱。

初日から腰がシクシクと痛くなった。

自分の財布の高級紙を数枚消滅させてでも、もう少し良い椅子を買うべきだろうと思った。
スポンサーサイト
年賀状

年賀状のお年玉当選発表は15日の昼頃らしい。

もたもたせんとさっさと発表しろ、と思ったが、まぁ、どうせ1等しか当たらないから、ノンビリ待つことにする。

ワーワー騒がずにノンビリと待つことにしたから郵政省(旧:総務庁・郵政省・自治省)の長、つまり総務大臣の竹中平蔵は菓子折り持ってやって来て、ペコペコするように。

さて、オレが当たる1等であるが、下記のような景品が用意されている。

みんなは当たらないので、見るだけ目の毒だが、毒でもイイから見ておいた方が良いし、みんなは当たらないから関係ないが、コレにしたほうがイイ、アレにしたほうがイイ、とアレコレとオレに余計なお節介を焼いて楽しむべきだろう。

・わくわくハワイ旅行
・にこにこ国内旅行
・ノートパソコン
・DVDレコーダー+ホームシアターセット
・デジタルビデオカメラ+プリンタセット

「わくわくハワイ旅行」が当たって「わくわく」しなかった場合を考えると、どうにも気が乗らない。

オレは結構周りに気を使うタイプだから、「わくわく」してなくとも、周囲の人間や平蔵に気を使い、無理矢理「わくわく」しているフリをするに違いない。

いや、きっとフリをする!

「わくわく」してるフリをするために、わざと「わくわく」しない方向に気分を大いに盛りあげていく可能性も「ない」とは云えない。いや、ある!

じゃあ「にこにこ国内旅行」も同じ理由でダメだ。
「にこにこ」してるフリをするために、わざと「にこにこ」しない方向に気分をドコドコと戦陣太鼓を打ち鳴らし鼓舞してしまうだろう。
だろうじゃない、きっと打ち鳴らす。高らかと。

「ノートパソコン」。
「わくわく」とか「にこにこ」とか云うてたくせにいきなり「ノートパソコン」と無愛想に突き放す表現。
まるで投げっ放しジャーマンみたいじゃないか。

「どきどきノートパソコン」だの「うふふふノートパソコン」だの、そういうフックみたいなのがあるべきではないか。
いきなり「ノートパソコン」じゃあ、1等という呼び名に相応しくない。よって却下。いらん。いるけど、いらん。

「DVDレコーダー+ホームシアターセット」。
「DVDレコーダー」というのは、まさしくDVDにしかレコードできないものだろうか。だとしたらショボい。

しかし、世の中では「DVDレコーダー」も「HDDレコーダー」も同じように扱われているので油断できない。

「DVDレコーダー」だと云うから油断してると、実は「HDDレコーダー」でもあった、というような珍奇な出来事に事欠かない世の中だから油断できぬ。

しかし、オレはDVDにだってレコードできるHDDレコーダーを所有しているから、ホームシアターが付いてくるとは云え、「DVDレコーダー+ホームシアターセット」にはちっとも興味がない。

じゃあ最後の「デジタルビデオカメラ+プリンタセット」がどうかとなると、これまた実に悩ましい。

デジタルビデオカメラは実に欲しい。

実に欲しいのだが、デジタルビデオカメラを実際に手に入れると、どうしても編集がしたくなる。間違いない。

編集したくなる、ということは、PCで編集するということだ。PCで編集するということは、編集できるPCが必要だということだ。となると、気分よく編集できるくらいのPCが必要になってくる。

そうした条件を踏まえると、1等は「デジタルビデオカメラ+プリンタセット」ではなく、「デジタルビデオカメラ+サクサク動画編集PC+プリンタセット」じゃなければならない。

しかし、これだけあっても、実際に録画する被写体や、それに相応しいロケーションが必要である。そういうのが存分に用意されていなければ、こうしたセットは、機能をフル活用されず、そのまま押入れに直行だ。

となると、ベストな1等は「わくわくハワイ旅行+にこにこ国内旅行+デジタルビデオカメラ+サクサク動画編集PC+プリンタ+ホームシアターセット」という結論に寸分違わず行き着く。

エコが叫ばれる昨今、押入れ直行確実な景品よりも、ちゃーんと活用される景品を用意するべきである。

その辺のところ、総務省はどう考えてるのだね。

まぁ、1等を4回当てれば、出費はサクサク動画編集PCだけで済むから、最悪それでイイんだけどね。

でもその前に大問題をクリアしなければならない。


どうやって1等4回を、

年賀状2枚で当てるか、だ。
宝くじ換金

年末ジャンボの引き換えが始まる。

当たった宝くじ2枚を、宝くじ売り場のオバちゃんに、

「オラ! さっさとオレの3,300円払わんかい!」

と投げつけたい衝動にかられる。


3,300円程度でこの衝動。

億単位で当たった時が怖い。

多分、みずほ銀行、爆破されます。
oguti.jpg


Yahoo!スポーツ - ニュース - 小口 ヅラずるり…相手も脱帽

無茶なくらい引用します。
完全に引用の範囲を超えてます。

小口雅之が着用していたカツラが試合途中にずれまくり、リング上で思わぬ“カミングアウト”。5回からカツラを外し、邪念も消えた小口は怒とうの猛ラッシュし、力強い連打で柴田を追い込み、見事7回TKO勝ちを飾った
“異変”は3回途中から。頭頂部を覆う形のカツラが、相手のパンチをもらうたびにフワリ、フワリと浮き上がる。4回には一層、ずれ具合が顕著となり、ついに4回終了後にトレーナーがカツラを取り外した。一瞬の間を置き、会場から「その方がかっこいいぞ」との声援が飛び交った。
小口は普段は丸刈りで、カツラを着用したのはこの試合が初めて。「3ラウンドあたりから浮き出して落ち着かなかった。次はもうつけません」と恥ずかしそうに苦笑い。日本ボクシングコミッションは、リング上ではシューズ、トランクス、ノー・ファウル・カップ以外の着用は認めていないが、今回は「悪意のないもの」と判断し“特例”として認められた。


30年後まで「トリビアの泉」があれば、おそらく紹介されると思います。

<放送はこんな感じになります>

ボクシングの

試合中に

カツラが外れたボクサーがいる

ヘーヘーヘーヘー

再現フィルムでは、5回からカツラを外し、邪念も消えた小口は怒とうの猛ラッシュし、力強い連打で柴田を追い込み、見事7回TKO勝ちを飾った。

というオチがつきます。

最後のナレーションは

「カツラは外れても パンチは外れなかった」

ヘーヘーヘーヘー
ヘーヘーヘーヘー
ヘーヘーヘーヘー
ヘーヘーヘーヘー
ヘーヘーヘーヘー


そんな感じと予想されます。

30年後に「トリビアの泉」に投稿します。
SEOアクセスアップ相互リンク SEO対策型ディレクトリ検索エンジン・SEOサポート SEO対策相互リンク 相互リンクPRO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。