日々について、音楽・本・映画・web周辺について記す。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地獄の使者


映画、漫画、アニメ等を見ていると、時々「地獄の使者」と称する面妖な輩が登場する。

時には一般人が「アイツは地獄の使者だ!」と云いながらガクガクブルブルしている場合もある。

時には「地獄からの使者」と称する場合もあるが、「地獄の使者」と役割は同じようなもんだ。

とにかく「地獄の使者」はとっても怖い奴の肩書きとして普通に流通している。

が、思うに、「地獄の使者」は結局「使者」に過ぎない。

「使者」の意味は「命令や依頼を受けて使いをする人。使いの者」(大辞泉)である。

みんなが震えがっているのは単なる「使い」だ。

地獄の使者を、ヒーローが息も絶え絶えにギリギリのところで倒す。
周りの一般人は何もかも終わったかのように歓喜の声をあげる。
しかし、そこに倒れているのはただの「使いの者」に過ぎない。
そう、文字通り「地獄の使者」なのである。


地獄の使者「ワタシは地獄の使者だぁ~」

ヒーロー 「なに!世界の平和を守るためにオマエを倒す!」

地獄の使者「いや、使者なんで、伝言を預かってるだけなんだけど」

ヒーロー 「オマエを倒さねば、世界の平和はない!」

地獄の使者「ちょっと待ちなさいよ。ワタシは伝言を預かってるだけで、とりあえず話を聞いてもらって

ヒーロー 「ドゥオオララアアア! ヒーロー・キーック!」
     (ユウコちゃん、ボクのカッコイイ姿を見てる?)

地獄の使者「イタタタタタタタタ」

ヒーロー 「口ほどにもない。ヒーローが倒してくれよう!」
  (ユウコちゃん、ボクのカッコイイ台詞を聞いたかい?)

地獄の使者「だから使者だって

ヒーロー 「ウラララララァァ! ヒーロー・タイフーン!」
   (ユウコちゃん、ボクの今のカッコイイ回転を見た?)

地獄の使者「イタタタタタタタタタタタタタ」

ヒーロー 「さすがだな。タイフーンを食らってもまだ生きてるとは。さすがは最後にして最強の敵!」
(ユウコちゃん、世界の平和はすぐそこさ。そしたら・・・)

地獄の使者「最後とかそういうんじゃないから。ただの使い

ヒーロー 「ごちゃごちゃ言い訳するのはよせい! さぁ、最後だ! 必殺技ヒィーーーロォーーー・ビィイイイイイム!」
(ユウコちゃん、どう、このビーム。綺麗だろ。ああ、綺麗さ。でもユウコちゃんの綺麗さにはこのビームも連戦連敗さ)

地獄の使者「ウギャアアアア」

-地獄の使者爆発-

ヒーロー 「ギリギリの戦いだった。ビームが効かなければ世界はおしまいだった。しかしなんとかユウコ、じゃなくて世界を守った。オレは守ったどーーー!」


翌日。
使者が戻ってこない為に交渉の余地なしと判断した「地獄外務省地獄の使者部」の課長は、「地獄の使者部」部長に相談。
地獄の使者部部長は「地獄外務省」長官に報告し、長官は「地獄」大統領に決断を仰いだ。

「地獄」大統領は緊急議会を召集し、交渉の余地なしとして世界に宣戦布告。「地獄の軍団」が次々と世界へ赴いた。


3日後、世界は地獄となり、地獄は世界となった。

年月が経つと、その状態が普通となった。

そして今では「地獄の使者」は小説や映画、漫画やアニメの世界でしか使われなくなった。
スポンサーサイト
結構前に拾ったネタだが、

飲酒した時に自動車を発進させない装置、米国で導入進む

という記事があった。

記事の内容に関しては、リンク先を見て頂くとして、気になるのは「○○した時に、○○を○○させない装置」である。
あー下らないことが気になってしまった。

----------------------------------------------------

「○○した時に、○○を○○させない装置」
「帰宅した時に、鍵を開錠させない装置」

あー疲れたー、と自宅に戻ってきて、ポケットの鍵を鍵穴に差し込んでグルッと回すが鍵が開かない。

アレ? おかしいなー、もしかして外出する時に閉め忘れてたのかも。

よくある事である。

危ない危ない、ちゃんと鍵が閉まっている事を確認しないと。

ということで、もう一度鍵を回してみる。

開かない。

当たり前だ。

「帰宅した時に、鍵を開錠させない装置」が入ってんだから。

----------------------------------------------------

「○○した時に、○○を○○させない装置」
「猪木の真似をした時に、アゴをシャクレさせない装置」

アントニオ猪木の真似となるとネコも杓子もアゴをシャクレさせる。
プロも素人も春一番もだ。

これでは切磋琢磨がない。

シャクレなしで猪木を真似る。
これぞ本物だろう。

そんなアナタに「猪木の真似をした時に、アゴをシャクレさせない装置」を提案したい。

----------------------------------------------------

「○○した時に、○○を○○させない装置」
「興奮した時に、心臓をバクバクさせない装置」

議論が白熱して頭に血がのぼった時、心臓がバクバクしてる自分に気がつく。

これは結構恥ずかしい。

誰も気づいてないだろう。でも心臓がバクバクしちまった自分の肝っ玉の小ささにうなだれる。

議論の相手の顔を見ても、どうもバクバクしてないようだ。
なんだか自分が器の小さい人間であるかのように思えてくる。

もしかしてアイツもバクバクしてるのかもしれないが、それは確認できない。
アイツのバクバクは想像で、自分のバクバクは確かな現実だ。

「ちょっと失礼」

なんて云いながら、相手の胸にそっと手を置いてみる。

そんな大胆不敵な行動に出られるならば、そもそもバクバクなんてしないはず。

こういったバクバク人には「興奮した時に、心臓をバクバクさせない装置」がうってつけだ。

興奮してもバクバクしない。そんな自分に自信が持てます。

----------------------------------------------------

「○○した時に、○○を○○させない装置」
「汗した時に、眼鏡をズレさせない装置」

いちいち指でソッとあげればいいものを、わざわざ装置を使ってズレる事すら許さない。

装置は眼鏡のツル部分に装着されており、最先端のテクノロジーを駆使してズレる事を許さないのだ。

ズレたら自動的に戻る、といった安直な装置ではない。
つければズレないのである。これは凄い。

その徹底っぷりはテクノロジーの意地すら感じさせる。

眼鏡を外そうとしても外れない。
外すその瞬間がズレと判断され、装置によって巧みに制御される。どうしたってズレない。
眼鏡が割れようがなにしようがズレない。

ズレない事に命をかける。
誠実さを絵に描いたような装置である。

----------------------------------------------------

○○した時に、○○を○○させない装置

あなどれません。
でんでんむし、が気になる。

ここ数年、「で ん で ん む し」と云った記憶がない。

そして今日、数年ぶりに「でんでんむし」と書き、云った。

書きながら、そして云いながら、「でんでんむし」とは実にケッタイな名前だ、と思った。

ある日、突然、オレが「でんでんむし」と呼ばれたら、意味が分からなくともなんとなく嫌な気分になるだろう。

「でんでん」 な 「むし」。

いったい何者なんだ。

お前ダレだ?

「むし」はわかる。「虫」のことだろう。

じゃあ「でんでん」ってなんだ!

お前ダレだ?

例えばオレの名前が「田中でんでん」だとしたら。

んー、嫌だ。

オレがアメリカに生まれて、「マイケル・デンデン」    
嫌だ。

中国に生まれて「趙 電電」 少しイイかもしれないが、ちょっとバカっぽい。嫌だ。

ロシアに生まれて「スラターニー・デンデンノビッチ」   嫌だ。

江戸時代に生まれて「遠山乃電々之介」相撲取りみたいで嫌だ。


全部嫌だ。
どこかのアンケート結果で見たのだが、今最も視聴者の満足度が高い連続ドラマは「タイガー&ドラゴン」であるらしい。

あるらしい、などと知ったような書きっぷりであるが、ほとんどドラマを観ないオレにはどんなドラマか見当もつかなかったりする。

だから、考えるわけである。

ドラマについて考える。

タイトルから。

「タイガー&ドラゴン」
野球チームのタイガースとドラゴンズの死闘を描ききる大作スポ根ドラマ。
主人公は掛布と坂東英二。懐かしいカケフ君の映像も話題です。

「離婚弁護士2~ハンサムウーマン~」
結婚したらすぐに離婚をするのが趣味という女性弁護士ドラマの第二弾。
実は主人公の女性弁護士はハンサムな男、という秘密があり、その秘密が周囲の人にバレやしないかと弁護士はハラハラドキドキするのだが、とっくにみんな気づいていたりするのだった。

「恋におちたら~僕の成功の秘密~」
恋という人生経験の試験に落ちまくるモテない男が主人公。主人公は「つぶやきシロー」。親友役に「みつまJAPAN」。主人公に口当たりの良いアドバイスという冷や水をぶっ掛ける悪友を演じるのは「えなりかずき」という冒険的ラインナップが話題。
主人公は最終的に「恋」という名の試験に合格するが、その秘訣は最終回になっても明かされない、という結末が既に明かされていることも話題に拍車をかけている。

「瑠璃の島」
瑠璃という名の強欲な女が、購入した自分の島「瑠璃島」でやりたい放題するナンセンスコメディ。
最終回では「瑠璃島は中国の領土である」説がどこからともなく出現し、日中の間で困惑する瑠璃なのであった。

「義経」
主人公の義理の兄にして経済学者の洋二郎は、経済の鬼であった(意味不明)。
最終回では主人公が木馬に乗って崖から落ちるという体当たり演技を披露し、そのまま帰らぬ人になったという伝説的ドラマ。あの曙が何か重要な役で出演していたらしいが、詳細は不明。

多分、ひとつくらい当たってるだろう。
SEOアクセスアップ相互リンク SEO対策型ディレクトリ検索エンジン・SEOサポート SEO対策相互リンク 相互リンクPRO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。