日々について、音楽・本・映画・web周辺について記す。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eisei.jpgame.jpgkasa.jpg

左は我家の衛星写真だ。
もちろん、写ってる全てではないにしても、我家が含まれている事は確かで、ということは、我家の衛星写真である、と云い切ってもイイだろう。

でまぁ、衛星写真のことはどうだってイイのである。

オレがしたいのは、結婚式の話だ。

日曜日の結婚式の後、披露宴-二次会-三次会と池袋の宴は続き、オレは11半頃に席を立った。あえて云うならば、渋い大人を演出して席を立った。

外は雨だった。

デジカメにダーツマシンに三次会の飲み代タダ、という幸福感に包まれて調子に乗ったオレは、電車で帰るのが面倒になり、カサもないし買うのも面倒だし濡れるの嫌だし、と駄々っ子化し、タクシーに乗った。

池袋から我家まではおよそ20分。

外は雨だった。

が、さっきとは違う雨になっていた。

大降りになっていた。

カサがない。
タクシー降りてから家に帰るまでの道のりで大変なことになるかもしれない、とオレは思った。

雨よ、やめとは云わないが小降りになってくれ。

少し可愛い顔をして願った。

豪雨になった。


タクシーの運転手が云った。

「お客さん、カサ持ってます?」

キミ最高。オレはキミが大好きだ。

持ってないと告げると、

「じゃあカサ1本持っていってイイですよ、トランクにありますから」

キミ最高。オレはキミが大好きだ。
よく見るとキミ、ロバート・デ・ニーロに似てるかも!

普段の行いが良いとこういう親切に巡り合う。
普段の良い行いに心当たりは全然ないが、多分、オレの気づかないところでオレがとてつもなく良い行いを繰り返し飽きるほどにオレがしていたのだろう。きっとそうだ。すげーよオレ!

豪雨の中、タクシーは早稲田通りの我家の近くに停車した。

オレの大好きなタクシードライバー(ロバート・デ・ニーロ似確定)は豪雨の中、トランクを開け、「これでイイですかね」とコンビニでよく見かけるビニール製のカサをオレにさしだした。

「すぐそこですから問題ないです。ありがとうございますー」

カサを受け取り、肩からは引き出物とデジカメとダーツマシン(これが結構大きい)を下げたゴージャスな男はビニール製カサを手に小走りを始めた。

もう人生で何度やったかわからないカサを開ける動作をしながら小走る。

カサが開かない 小走る。

カサはある。が、開かない 小走る。

カサを開けようとする。グイグイグイグイーッ。

カサは高級マツタケの軸のようにしなるだけ 小走る。

カサを開けようとする。グイグイグイグイーッ。

カサの先端が激しく宙を舞う 小走る。

他人が見れば、降りかかる雨粒の全てをライト・カサ・セイバーで切り裂くジェダイの騎士のように見えただろう。しかしそこには他人はいなかった。豪雨。小走る。

「なんで開かへんねん! ウリャウリャウリャーーーー」

つい声が出てしまう 小走る。

顔面に滝のごとく流れる雨! 小走る。

「クソーなんでゃゲアgレbjとくぃらふぁdlkvヵねん! がりえあぼえくぁbーーーーー!」

完全にパンツが浸水してる! 小走る。

カサを開けようとする。グイグイグイグイーッ。開かない。

「ゃゲアggふぇあqgrとくぃう:qjdfまrレbjとくぃらふぁdlkvヵねん! がりdさjgqpろgjkんzvんcbmrqんrqgrqrgえあぼえくぁbーーーーー!」

グイグイグイグイーッ。開かない。

「ゃゲアggふぇあqgrとくぃう:qげあgqgrq43q4g3jdfまrレbjとくぃらが5い7いltぇ78えgjfxhふぁdlkvヵねん! がりdさjgqpろgjkんzvんcdさげrqrgqあbふぁfばbqてtrqjdy5得737mh、とぉいお5985fj、mrくdzxyらうyうゆw67う8kbmrqんrqgrqrgえあぼえくぁbーーーーー!」

グイグイグイグイーッ。開か・・・!

来た! バリバリバリバリーという音と共にカサがその翼を大空に向かって広げた。








家の前だた。

スポンサーサイト
ネコはニャーでイヌはワン


思うに、イヌが喋る時、

「ボクは知らないワン!」

となるのは何故だろう?

ネコだと、

「ボクは知らないニャー!」

である。

カバは、

「ボクは知らないカバ!」

とは云わない。

ゾウは、

「ボクは知らないパオーン!」

ではなく

「ボクは知らないゾー!」

と何故か名前を使う。


動物が喋る時の語尾が変化する。
こういうのはいったい誰が考えたのだろう。


もう少し例をあげよう。

サルは、

「ボクは知らないウキッ!」

ゴリラは、

「ボクは知らないウッホッホ!」

んー、感じは出てるがちょっと怪しい。でもまぁアリっちゃあアリだ。

これをアメリカのイヌにすると、

「ボクは知らないバウ!」

ヘンだ。
サブカル系雑誌を想起させる。

気を取り直して、

「ボクは知らないバウバウ!」

ヘンだ。


さて、下記サイトをご覧頂きたい。


アジアの動物の鳴き声

これに倣うと、ベンガル語圏のイヌは、

「ボクは知らないゲウ!」

と喋ることになる。
なんか怖い。

カンボジア語圏になると、

「ボクは知らないウッ!」

喋ってる最中に刺されている。
実に緊張感が漂う語尾でウッ!


ニワトリ。
日本だと、

「ボクは知らないコケッ!」

である。

凄いのはモンゴルのニワトリだ。

雄鶏(オンドリ)は、

「ボクは知らないギゴー!」

だ。雄鶏が「ギゴー!」と鳴くのは衝撃的である。
これを確認するだけのためにモンゴルに行ってみたいとさえ思う。

だがモンゴルの大草原は侮れない。

雄鶏以上に雌鶏(メンドリ)が大変なことになっているのだ。

雌鶏だとこんなことになってしまう。

「ワタシは知らないゴド ゴド ゴデェードゥ!」

お前、いったい何者なんだ?

喋ってる最中に、口から得体の知れない凄いものが吹き出ている。
直視するのも恐ろしい物体が口から出てきてる、としか思えないのである。
それを浴びたら体が溶ける。溶解する。それくらいのものが出てきているのである。口から。マジで。ホンマに。

モンゴルの雌鶏には近づかない方が良い。うかうかしてると溶かされるぞ。

こんなモンゴルの雌鶏が卵を産み、それが育ち、中からとっても愛らしいヒヨコが登場しての第一声はやはりこうだろう。

「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」

ヒヨコじゃない。なんか凄い生き物だ。未知の。その姿は見たことあるモノに似てるけど、総合的には完全に違う生き物だ。

見たことないグロテスクな生物。巨大化。地球征服。人類皆奴隷。そんなイメージだ。

そんなモンゴルの祭りの日には、やっぱりヒヨコが売られていたりするのだ。

子供はお父さんに「ヒヨコさん買ってぇ~!」とか甘えてたりするのである。

お父さんはお父さんで「しょうがないなぁ~。ちゃんと世話するんだぞっ」「わーい! お父さん大好きぃ~!」。

実にうるわしい光景だが、実際の現場は壮絶である。5.1chサラウンドで、

「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」

パニック必至。

それにしても強大な帝国を作った民族は、ニワトリの鳴き声からして違う。

想像してみよう。

チンギス・ハーンの軍は、戦闘が始まると一斉に敵に向かって叫んだ。

兵A「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵B「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵C「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵D「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵E「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵F「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵G「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵H「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵I「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵J「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」
兵K「ゴド ゴド ゴデェードゥ!」

ユーラシア大陸制覇も簡単だったに違いない。


※しっかし、征服された国の人も、アレが雌鶏の鳴き声の真似だと知ってたら征服されなかったのにネ!(違う)
SEOアクセスアップ相互リンク SEO対策型ディレクトリ検索エンジン・SEOサポート SEO対策相互リンク 相互リンクPRO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。