日々について、音楽・本・映画・web周辺について記す。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100万ドル掲示板

英大学生、斬新なウェブサイトで大もうけ

自身のホームページを100万ピクセル(画素)からなる広告掲示板に作り変え、ロゴマークの掲載希望者に対し、1ピクセル1ドルで販売。販売開始から4カ月間で正味100万ドル(約1億1700万円)の利益を得ている。
(中略)
現時点までで91万1800ピクセルが売れている。


アイデア勝負だが、1ピクセル1ドルという割り切り価格がツボ。

これを受けて日本では「一億円ペ~ジ (ICHIOKUENPAGE.JP)」というのが始まっていた。

企業・個人を問わず1ブロック=100ピクセルから購入可能で、価格は1ブロック1万円。掲載期間は5年間。

完全に商売として始めたとは云え、この値付けはイマイチだなぁ。
The Million Dollar Homepageは、1ピクセル単位で買えるという遊び心が楽しいわけで、そこを100ピクセルでまとめて「ブロック」と称した時点でアイデアの表層だけを頂いた、ただの広告媒体になってるように思う。

The Million Dollar Homepage - Own a piece of internet history!

一億円ページ

The Million Penny Homepage - 1,000,000 Pixels - 1 Penny Per Pixel - The Hottest Ad Space in History!

クリスクロス株式会社|プレスリリースブログ - PR(プレスリリース)紹介サイト

デジタリストBlog >> 独創的なWebサイトで大儲けの英国大学生

百式 - 楽しい広告 (Million Penny Homepage.com)

サボ*10: はかり売り広告
スポンサーサイト
トイレット博士


実に懐かしいですね、とりいかずよしの「トイレット博士」。

オレの中で「トイレット博士」と云えば「ウンコ」(「マタンキー」とか「メタクソ団」とかもありますが)なんですが、これは人によっては「Dr.スランプ」になるのかもしれません。

ウンコはなんであのようなイラストで描かれるのか?(ピラミッド三段重ねみたいな)誰が一番最初に描いたのか教えてください。もしくは誰がよく描いていたのか、漫画家&イラストレーターの名前を教えてください。「人力検索はてな」

「ウンコ」へのアプローチは全く違う両漫画ですが、現在のウンコ表現に与えた影響は絶大ですね。

しかし「巻き糞」表現の起源は16世紀頃の西洋にまでさかのぼれるようで、それはHugo Strikes Back!: 本日の画像にて確認できます。
堂々たる「ウンコ」表現で素晴らしいですね。圧倒されます。

夏目房之介の「で?」: 『トイレット博士』を気に入ったフランス人!

はてな ウンコはなんであのようなイラストで描かれるのか?(ピラミッド三段重ねみたいな)誰が一番最初に描いたのか教えてください。もしくは誰がよく描いて・・

Hugo Strikes Back!: 本日の画像

トイレット博士 全30巻(とりいかずよし) 復刊リクエスト投票
David Gilmour
「David Gilmour」David Gilmour(1978)左画像
「About Face」David Gilmour(1984)右画像

Pink Floydのギタリストとして有名なDavid Gilmourのソロ・アルバムにハズレはない。

David Gilmourのソロ・アルバムがリリースされるようだ。
日本盤の発売予定日は2006/3/8。
待ちきれない。待つが。

「メルトダウン・フェスティヴァル」でのDavid Gilmourのパフォーマンスを収めたDVDリリースだと。Pink Floydの曲もやってるんだと。見たい聴きたい。

David Gilmour / イン・コンサート - bounce.com レビュー

DAVID GILMOUR、ソロ・アルバムを発表 - bounce.com [ニュース]
フィギュア




ネタ元⇒あんりみてっど

とりあえず予備⇒http://www.isoternet.com/ay.zip(そのうち消します)
Ball Of Dirt


「Ball Of Dirt」というサイトなのだが、旅行記と地図が連動するというのが楽しい。

更新すると、友達とかにメールが送られる、というのもリアルタイム旅行記には嬉しい機能だ。

オレもweb上に旅行記を書いたりしていたが、それはリアルタイムではなかった。

今、旅行記をリアルタイムで書くなら、このサービスは使いたい。できれば日本語のサイトで・・・

百式 - 2005年12月


Ball of Dirt
Spilt Milk
「Spilt Milk/こぼれたミルクに泣かないで」Jellyfish(1993)

元JellyfishのRoger Manningが初ソロ・アルバム『Solid State Warrior』を2006年2月1日にリリース。

好き嫌いはあれども、The Beatlesっぽいサウンドを好む人にはいつでもどこでもお勧めされていたりするJellyfish。

実際はThe Beatles直系というよりも、QueenやELO辺りを経由した子孫みたいな音。

元Jellyfishということでは、Puffyの名付け親のAndy Sturmer(奥田民生と縁があるね)や、ソロで好作品を連発しているJason Falkner(1stのみ参加)、UmajetsのTim Smithと地味ながらも良い仕事してる連中が多いが、Roger ManningもBeck絡みの仕事したり「ロスト・イン・トランスレーション」のスコア提供、Imperial Dragで活動してたりと良い仕事してました。

というわけで元Jellyfish関係で良い仕事がまた発生(の予定)。

ファンとしては嬉しい限りです。

元JELLYFISHのROGER JOSEPH MANNING JR.が初ソロ・アルバム『Solid State Warrior』発表 - bounce.com [ニュース]
アマチュア☆アワー:元JELLYFISHのROGER JOSEPH MANNING JR.が初ソロ・アルバムを発表 - livedoor Blog(ブログ)
ロックフェスファン NEWS!!
音情 パワーポップファンに朗報!元JellyfishのROGER JOSEPH MANNING JR.がソロ・アルバム発表!
MediaMate II

BOSE Mediamate II

最近はPCで音楽を聴くことが増えた。
特に自宅で。
今までは自宅ではコンポで聴いていたのだが、CDプレーヤーが挙動不審なので、PCで聴くことが多くなっている。

PCだからと云って音質がイマイチというのもいただけないので、スピーカーはそれなりに熟慮して購入したい。

音質的にはBOSE製品の音は好みだし、ウチの挙動不審コンポもBOSEだし、激高というわけでもなくコストパフォーマンスには満足できそうだし、なんとなく長いものには巻かれろ的な判断で、こいつを買ってみたいなぁ、と思う。ボーナスがでたら。

スタパブログ
物欲番長!? おいらブログ ☆彡/ウェブリブログ
若旦那の独り言2005 Ver.3: スピーカーはHarman Kardon?BOSE?
こんなんほしいぞよ: BOSEのMicro Music Monitor(M3)
[【PC周辺機器】BOSE Mediamate II が欲しいのです。]の続きを読む
Amazon アソシエイト・プログラム ブログ


Amazonアソシエイト・プログラム ブログ」なるものが始まっていた。
かく云うオレもAmazonのアフィリエイトにガッポガッポと存分に儲けさせてもらっているが(妄想)、更にオレをガッポガッポと存分に儲けさせるために(妄想)、Amazonアソシエイト・プログラムにご参加のWebサイトオーナー様へおすすめ商品情報、キャンペーン情報をお届けするブログを開設いたしました、らしい。

まぁ、「ヨン様の直筆生サインが当たる!」といったキャンペーン情報や、「BoAニューアルバム発売決定 15%OFF!」なんていうおすすめ商品情報は、オレみたいなアフィリエイターにはちっとも役に立たない。

まだここでは全開状態になってないが、売れ筋とは思えないCDやDVDをオススメてしまうのがほとんどだからだ。

が、売れ筋とは思えないものにも需要があるわけで、ライバルが少ない⇒検索上位にヒット⇒それなりに売れる、という循環になっていて、煙草代程度は稼げて嬉しかったりするのだが、基本的にたいして売れないので、それで生活はできなかったりするのである。

まぁ、そんなあまりオレ的メリットの少ない「Amazonアソシエイト・プログラム ブログ」だが、せっかくだから全然関係ないDVDでも紹介しときます。

ラトルズ4人もアイドル!
ラトルズ4人もアイドル!

エリック・アイドルが「モンティ・パイソン」終了後に手掛けた音楽パロディ番組で登場したのがラトルズ。

ビートルズの歴史をモチーフ(ていうかまんま)にしたラトルズの結成から解散までを追うドキュメンタリーになっていて、ニール・イネスが手掛けたビートルズをネタにした音楽は一級品。
The Beatlesのパロディ関係では最も有名で最強でしょう。

最近、DVDが再発されたので大急ぎで買いました。

サントラ(?)もオススメです。

[N] Amazon アソシエイト・プログラム ブログ

Amazon アソシエイト・プログラム ブログ
男たちの大和

先週の土曜日、テレビ朝日にて「”男たちの大和”公開記念SP」と題した番組が放送された。

この映画に興味があったので番組を見たが、なんて云うんだろうか、映画の宣伝番組だからか、日本中がこの映画の公開にわいてるかのような演出。これは薄ら寒かった。

映画はこういう薄ら寒いものじゃないとイイなぁ。

呉にある実物大の大和のセットが一般公開されているので、見てみたいが、実物大というからには大和丸ごとなのかと思いきや、丸ごとではなかった。ちょっとテンション下がった。

映画『男たちの大和』尾道ロケセット公開情報!
エリックの日本訪問目前


歌手で俳優のエリックの訪問を目前に、日本列島が熱く沸きあがっている、らしいのだが、いったい誰なんだろう・・・

朝鮮日報 Chosunilbo (Japanese Edition)


ALWAYS 三丁目の夕日

「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005)

携帯もパソコンもTVもなかったのに、
どうしてあんなに楽しかったのだろう。


「ビッグコミックオリジナル」に連載中の西岸良平「三丁目の夕日」を映画化。

子供の頃から家族中で原作漫画が大好きで、まさかの映画化に期待半分不安半分で観に行ってきた。

昭和30年代の東京下町にある夕日町三丁目を舞台に描かれる人情物なんだけど、漫画とは登場人物のキャラ設定(六ちゃんは女の子になってるし)が異なっている。

だからと云って漫画原作ファンにありがちな「違うからガッカリ」というわけじゃあない。
原作にあるエピソードを上手に組み合わせながらストーリーは作られているし、VFXを使って昭和30年代の東京を再現した映像(ってもその頃を知らんが)も頑張ってると思う。良心的でとても良い映画だ。

若い人が観てもそれなりに良い映画だとは思うが、難し過ぎず説教臭過ぎず、という点で、あの時代を生きた普通のおっさんおばさん直撃の映画なんじゃないかな。

⇒official「ALWAYS 三丁目の夕日
oguti.jpg


Yahoo!スポーツ - ニュース - 小口 ヅラずるり…相手も脱帽

無茶なくらい引用します。
完全に引用の範囲を超えてます。

小口雅之が着用していたカツラが試合途中にずれまくり、リング上で思わぬ“カミングアウト”。5回からカツラを外し、邪念も消えた小口は怒とうの猛ラッシュし、力強い連打で柴田を追い込み、見事7回TKO勝ちを飾った
“異変”は3回途中から。頭頂部を覆う形のカツラが、相手のパンチをもらうたびにフワリ、フワリと浮き上がる。4回には一層、ずれ具合が顕著となり、ついに4回終了後にトレーナーがカツラを取り外した。一瞬の間を置き、会場から「その方がかっこいいぞ」との声援が飛び交った。
小口は普段は丸刈りで、カツラを着用したのはこの試合が初めて。「3ラウンドあたりから浮き出して落ち着かなかった。次はもうつけません」と恥ずかしそうに苦笑い。日本ボクシングコミッションは、リング上ではシューズ、トランクス、ノー・ファウル・カップ以外の着用は認めていないが、今回は「悪意のないもの」と判断し“特例”として認められた。


30年後まで「トリビアの泉」があれば、おそらく紹介されると思います。

<放送はこんな感じになります>

ボクシングの

試合中に

カツラが外れたボクサーがいる

ヘーヘーヘーヘー

再現フィルムでは、5回からカツラを外し、邪念も消えた小口は怒とうの猛ラッシュし、力強い連打で柴田を追い込み、見事7回TKO勝ちを飾った。

というオチがつきます。

最後のナレーションは

「カツラは外れても パンチは外れなかった」

ヘーヘーヘーヘー
ヘーヘーヘーヘー
ヘーヘーヘーヘー
ヘーヘーヘーヘー
ヘーヘーヘーヘー


そんな感じと予想されます。

30年後に「トリビアの泉」に投稿します。
くるり
「NIKKI」くるり(2005)

もう既に眠いのだが、待望のくるりの新譜「NIKKI」を聴いていてなんかダラダラ書く気になった。

京急とのコラボ曲「赤い電車」はホンの少し巷で話題になったような気がするが、くるりらしい佳曲。

しかしなんで京急なんだろう。

鉄道好きなのは知ってるが、なにゆえに京急。

阪急電車じゃないのか。

10tr「Long Tall Sally」は思いっきり70年代プログレ趣味だなぁ~。

そんなくるりが好き。

GO! GO! NOISE McCARTNEY RECORDSスペシャル - bounce.com 連載
待ちに待った「iTunes Music Store」のアフィリエイトがいよいよスタート!

従来のAmazonと異なるのは、楽曲単位で紹介して報酬(4%)を受け取れるという点。
曲を紹介したければ「iTunes Music Store」で、CDやその他DVD等を紹介する場合はAmazonを利用する、という使い分けができるのが嬉しい。

iTunes Music Store」でアフィリエイトをする場合は、「LinkShare(リンクシェア)」への登録が必要なので、登録すべし。無料です。

LinkShare(リンクシェア)

iTunes Music Store

[N] iTunes Music Storeのアフィリエイトがスタート!
すかんち

すかんちが再結成だそうな。

と云っても、東京・大阪の2都市限定ライブにおける再結成。

周りに「すかんちが好き」という人はいないが、オレの中では日本の名バンドのひとつ。

数々の名曲はいまだに忘れた頃の「やきそばUFO」の如く聴きたくなるし、実際、聴いたりしている。
個人的な位置づけとしては筋肉少女帯みたいなもんだろうか。

そういや、今日、ローリー寺西(今はローリーなのか?)が携帯で誰かと喋ってるのを見た。
ホワイトボード共有


ホワイトボード共有サイト。

複数の人で同時に絵が描ける。

重要なのは、機能もそうだが感触だろう。

ペンの滑りだとか色の出方だとか、メニューの滑りだしかたとか。
そういう数値化し難いアナログな部分での感触をいかにチューンするかで善し悪しが決定的に分かれると思う。

そういう点も含めてとっても面白いし、誰か呼んできて遊んでみたいと思わせられた。実際遊んだ。

ネタ元⇒soanblog創庵: ホワイトボード共有サイト

行き先⇒Imagination Cubed
炊きたて一膳

全然自炊をしていない。

個人的な自炊の最大の難関を考えてみると、どうやら「ご飯を炊く」ところにあるらしい。

炊飯器はある。

しかし、1食分を炊くとあんまり美味しくない。

時間がかかる。

炊いた後に洗うのが面倒だ。

コンビニで炊きたてのご飯が売られていたりするこの時代、経済的メリットだけで自宅でご飯を炊く気にはなれない。

んな感じで、ほとんど外食というオレの食生活であるが、「一膳分がチンして炊ける、便利なご飯茶碗」というものがあるらしい。

これは便利だなぁ~、いやぁ~、なんか便利そうだし陶器で炊いてるから気分的に美味そうだなぁ~、炊いた器が茶碗だからそのまま食せば洗い物が増えないなぁ~、とかだんだん興奮してきたが、そう云えば、我家には電子レンジがない。

「一膳分がチンして炊ける、便利なご飯茶碗」でご飯を食べたいがために電子レンジを購入する、というのはやっぱり違うか。

[N] 電子レンジで15分、ご飯が炊ける茶碗「炊きたて一膳」
The20Five20Day20Week20Straw20People.jpg

The Five Day Week Straw People(1968)

1968年にリリースされたサイケ・ポップ・アルバムに位置する作品。

いかにもテンション低めな歌いっぷりのボーカルが印象的で、ボーカル、演奏共にたいして上手くなく、サイケ・ポップに位置づけられながら、ややハード・ロック的なアプローチが聴こえてくる。

目立った曲が入っているわけでもなく、全体的にやっつけ仕事感が漂いまくっているが、そこがいかにも時代を感じさせてくれて、スルスルっと(隠れた)名盤のポジションを得てしまってる。これも時代か。

このアルバムで人気なのは内容もそうだがやはりジャケ。当時のサイケブームを反映したジャケは好き者ならヨダレものの輝きを放っている。

p_d_rd-xs41.jpg

当方、東芝の「RD-XS41」っつーのを使ってるが、1秒で起動する上にHDD/VHS/DVD一体型レコーダーなんて夢のようである。

云い換えれば、ドリームのようだ。

当方のマシーンだと、電源ボタンを押して準備万端となるまで数十秒は待たねばならず、人間どこまでも贅沢になるもんで、この数十秒にコレでもかというほどイライラさせられたりするものである。ホント、人間とは度し難い。

しかし1秒で起動するマシーンを買ったら買ったで、度し難い人間は、0.5秒起動を欲するであろうし、0.1秒起動に欲望が達するのは時間の問題で、こうなったら起動ボタンを押す前に既に起動していなきゃ許せない! というくらいになるのは目に見えている。なんだったら電源ボタンを押す前に録画して見終わってデータを削除する! くらいまでなってないと、誰も満足しないだろうとオレは勝手に確信していたりするのだが、それは全然違うと思う。


hi_sh01.jpg

SHARP ハードディスク・DVD・ビデオ一体型レコーダー400GB BSアナログ内蔵 DV-TR14


http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0511/11/news040.html

http://bb.watch.impress.co.jp/stapa_blog/archives/hardware/index.html

タワレコ2005年年間チャート発表だそうな。

ランキングに入っていた洋楽の中で聴いたアルバムは10枚にも満たなかった。

でも Beck の「Guero」は良かった。

Super Furry Animals は入ってなかったなぁ。

元々60~70年代の音楽が好きだから、こういう企画には全然寄れないのだが、それにしても知らなさ過ぎのような気がする。

Millennium.jpg

「The Millennium」Begin(1968)

The Beach Boys の最高傑作「Pet Sounds」に匹敵するソフトロックの最高傑作。

これはメロディ、アレンジ、テクニック全てに完璧と云ってイイ作品。

当時のレコード会社コロンビア史上最高のスタジオ費用をかけたサウンドは、あまりに革新的過ぎた為に会社からもリスナーからも理解を得られず、商業的にはまったく成功しなかった。これは「Pet Sounds」も然り。

音のコラージュの完璧なたたずまいは圧巻で、これだけ複雑な音を無駄なくシンプルに聴かせる Curt Boettcher を中心とするメンバーとプロデューサーの手腕は、まさに天才の仕事。

現時点でも「Pet Sounds」程の評価を一般では得てないが、肩を並べる作品であることは間違いない。

SEOアクセスアップ相互リンク SEO対策型ディレクトリ検索エンジン・SEOサポート SEO対策相互リンク 相互リンクPRO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。