日々について、音楽・本・映画・web周辺について記す。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年この作業には悩みが尽きないわけだが、ちっとも更新してない本家では2000年以来恒例(今気づいたが2004年音肴やってねー)の今年聴いて素晴らしかった音(いつもは去年と今年リリースものに限ってる)を、自分のために書いてしまう。

もろ趣味の世界どっぷりなんで、興味のない人は見て見ぬフリして通り過ぎるが良い。
Dirty Three
「She Has No Strings Apollp」Dirty Three(2003)

オーストラリアのポストロック系サウンドの重鎮というかハシリとも云える Dirty Three の6枚目。
ヴァイオリン、ギター、ドラムだけのサウンドでリリックなし。曲よし。改めて聴いて痺れた。
オーストラリア、やっぱり凄い。UK、USよりも熱い。

Matching Mole
「Matching Mole」Matching Mole(1971)

いわゆる Robert Wyatt 絡み。
The Soft Machine(笑。

The Thrills
「Let's Bottle Bohemia」The Thrills(2004)

夏のテーマ。
切なく爽やか青空。ギターポップってこれのこと。


Mull Historical Society
「This Is Hope」Mull Historical Society(2004)

クレバー。


eels
「Blinking Lights And Other Revelations」eels(2005)

いつでも彼は良い。


The Electric Soft Parade
「The American Adventure」The Electric Soft Parade(2003)

ポップの真髄。


Super Furry Animals
「Love Kraft」Super Furry Animals(2005)

ある意味、音楽のバケモノ。


The Dissociatives
「The Dissociatives」The Dissociatives(2004)

ポップで新しい。ビンビン。
Silverchair のフロントマンによるユニット。
これまたオーストラリア、やっぱり凄い。


Her Space Holiday
「The Past Presents the Future」Her Space Holiday(2005)

Marc Bianchiのソロ・ユニット。
元々はハードコア畑の人だが、エレクトロニカとヒップホップの融合作っちゃいました。


The Arcade Fire
10「Funeral」The Arcade Fire(2005)

買ったばかりで聴き込み度低いが、年間ベストに入れる。


Mercury Rev
10「The Secret Migration」Mercury Rev(2005)

ドリーミー。


Gomo
10「The Best Of Gomo」Gomo(2004)

ポルトガル発。
デビューアルバムで「The Best Of~」と付ける大胆さも楽しいが、ポップ度の高さも楽しい。


Ben Folds
10「Songs for Silverman」Ben Folds(2005)

Ben Folds Five の方が好きだが、そのうち Ben Folds の方が好きになるだろう。


Owen
10「Owen」Owen(2001)

Joan of Arc のドラマー。
もっと新しいアルバムあるな。


Robert Wyatt
番外「Theatre Royal Drury Lane[Live]」Robert Wyatt(2005)

反則。番外。番内にすると0位。

以上。

さて、本と映画もやらんとな。
今年中には無理。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
デジタルカメラ
デジタルカメラを探すなら http://www.kadohan.com/211742/100083/
2008/10/10(金) 19:54 | URL | #-[ 編集]
のれんナビ
のれんの検索サイト。通販、ビーズ、赤のれん、償却、味のれんなどのれんに関する各種情報をお届けしています。 http://gazillion5.portocallrestaurant.com/
2008/11/25(火) 22:39 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naru.blog17.fc2.com/tb.php/29-234e995e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
フージーズのメンバー、ローリン・ヒルのソロデビューアルバム。リズムとメロディに言葉を語るように乗せて歌い上げるローリン節(アレステッド・ディベロップメントに似た所あるがよりR&B性が高い)と言ったところか。彼女自身がプロデュースしたアルバムはクオリティ高し
2007/10/06(土) 08:15:54 | ロックの1日
SEOアクセスアップ相互リンク SEO対策型ディレクトリ検索エンジン・SEOサポート SEO対策相互リンク 相互リンクPRO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。